加齢世代のメンズ向けボディソープについて

加齢世代のメンズ向けボディソープについて

シャンプー石鹸の「頭皮中心主義」がなくなってしまい、以前使っていた残っている◯・オウ スカルプケア薬用シャンプーに変えたところ、3日目ぐらいからちょい頭部におデキっぽいものが出来て触ると痛い感じになってきました。
慌てて、Amazonで頭皮中心主義ポチりました。
今回は、髪ではなくてカラダ全体のボディソープの話です。
もちろん、顔の洗顔も重要ですが、それは今後の課題として考えています。
まずは、体臭が薄いと言われる管理人でも汗っかきになった加齢世代でもあるのでカラダのニオイは気になります。

脂漏性皮膚炎的な頭皮を考えて、石鹸も肌質に合わせて変えてみようと昨年から頭皮同様に色々とトライしてみたので、そのまとめということで書いてみましたぁ。

スポンサーリンク

加齢メンズのニオイの原因

すでにどこにでも書いてるかと思いますが、ニオイの主な原因は大きく3つぐらいと言われています。

  1. 皮脂の汚れ
  2. バクテリア
  3. ノネナール

この3番目のノネナールが加齢臭といわれるニオイの成分で、バクテリアなどが繁殖・発酵して出来上がっちゃう脂っこいニオイとか青臭いニオイの元となっているみたいです。いわゆる加齢臭といわれるのはノネナールってやつです。

この3つというかノネナール対策が加齢世代のニオイ対策の第1位となるので、それを中心にボディケアを考えるのが重要です。
なお、ワキガとかですとニオイの元である汗の腺の分泌系は別なのでそれらの対策成分は別に必要になりますので要注意ですが、管理人本人はちょっとそこらあたりは詳しくはないので割愛します。

お肌対策は?

ニオイの原因がわかれば、対策は簡単!?といえば簡単なのですがこれが意外と難しいです。
ニオイ対策を簡単に書いちゃうと。

  1. 皮脂汚れをしっかり取る
  2. ニオイの原因となる細菌を増やさないように殺菌・消臭する
  3. 保湿をしっかりしてニオイを発生しにくい肌に保つ

と、3つのポイントがあります。

皮脂の汚れ対策

基本的には、40度以下のお風呂で約10分ぐらい浸かれば80%ぐらいの汚れが落ちるという話がある通りに基本は湯船に浸かることが重要です。
タモリさんのお風呂の入り方で有名なタモリ式入浴法では基本石鹸を使わないそうですが、常に清潔に保っていてお肌トラブルも問題がなければしてもよいかなと思います。
管理人も毎日スマホのタイマーを使って10分ぐらい入るようにしています。
温度は、、、実はちょっと高めなのですが42度以上だと油分が流れ出るとかで逆効果なので注意してください。
熱くない程度の温度で10分ぐらい入ると毛穴汚れや皮脂汚れが綺麗なったり、石鹸などでも落ちやすくなるとのことなので、まずはここからスタートです。

皮脂汚れに向いた石鹸の成分についてです。
ボディーソープというか石鹸の方ですが、皮脂汚れとしては炭成分が入っているものが皮脂汚れや毛穴の汚れを落とすために入ってることが多いようです。
もちろん、ほかのものもありますが肌が弱いタイプの場合はなるべく自然なものがよいと思います。強力な成分が入っているものは、必要な油分とかお肌を傷つけることもあるかも知れませんので、肌弱さんは十分気をつけてください。

殺菌・消臭作用

イソプロピルメチルフェノールという殺菌作用のある成分が消臭やニオイ対策の石鹸やボディソープに大抵入っていますので、これが1つのポイントとなります。

このイソプロピルメチルフェノールは、ワキガ対策の製品にも入っていますのでニオイ関連の殺菌にはきっと入っているはずです。

そのほか最近の商品には、茶エキスが成分として入っているものがあります。
茶エキスは、カテキンでもお馴染みのお茶の成分ですが、殺菌効果ももちろなり、さらに嬉しいことに美肌や保湿効果もあります。

また、茶エキスや柿タンニン(柿渋)とか自然由来の成分は、消臭効果や保湿効果があるのでこれらも入っているものもポイントです。

保湿対策

ボディソープ、石鹸に保湿を重要視する必要もあまりないといえばないのですが、加齢世代のメンズは保湿??なんてしない人が多いと思います。
だからといって、保湿をしないでいいというわけではなく、むしろ40代、50代だからこそ、保湿は重要です。
いずれ、お肌ケアを極めてきたらこの辺りも書こうかと思いますが、まずはボディソープや石鹸にも保湿成分が入っていることをチェックしてみてください。

すでに殺菌消臭にも出てきていますが、茶エキスや柿タンニン入りなど保湿成分が入っているものを選びましょう。

オススメな石鹸

現在、髪には頭皮中心主義を使っていますが、その開発元の菊星さんが出している男性向けのボディ石鹸をオススメの1点として紹介します。
すでに説明した各種成分も入っていますし、何より試すにはそこそこコスパもよいです。

今の所、管理人的には肌に合っているようです。そもそもニオイ自体は少ない方なのですが、汗かくようになってしまったので一応洗い上がりと消臭効果を兼ねてベストチョイスなんじゃなかろうかと思ったりもします。

箇条書きに感想を簡単にまとめてみると、、、

  1. 皮脂汚れ、加齢臭対策の成分が全部入りの男のための男の石鹸
  2. 泡立ち、泡切れもよく さっぱりした洗い上がり
  3. コスパよし、但しサイズが小さいのでまとめ買いがオススメ
  4. さっぱり感がある分、乾燥肌には別途保湿対策が必要かも

ということで、オススメの石鹸の名前は、「オトコアライ」 です。

ボディシャンプーとは違い石鹸(ソープ)タイプなので、場所も大きく取らないですし、まとめ買いでもお安いので肌弱さんなメンズ用としてまずはお試しください。
これ以外のボディ用シャンプー石鹸についてもまだまだ奥が深いので、いろいろなものを試してみたいと思います。

特に管理人と同じ肌弱さんには、同じような成分でも製品によって細かなところが違っていますし、それが自分の肌に合わない場合もあります。
最初に書いた通りに、シャンプーも加齢臭対策だけだとお肌に合わないこともあるのです。
なので、湿疹になったまま我慢して終わるまで使うのではなく、肌に合わなかったり、湿疹など肌トラブルに見舞われたら早めに別のものに変えましょう。
家族と一緒に同じものを使っている方もそうです、同じ肌質であればいいですが、管理人と同じように肌弱さんタイプがひとりだけとか、まったく肌質が違う家族の場合はそれぞれ自分用を揃えるべきなのです。

ということで、
2018年度上期のボディソープは、「オトコアライ」でしたぁ。

 

ではまた。

「オトコアライ」5個セットの詳細は、↓です。

プッシュ通知を

コメント